2017年09月12日

風邪の治し方

 

ハイサイ。

まだ気温34度の沖縄です。

先日、沖縄1のパワースポットと噂されている
『果報バンタ』へ行ってきました。
浜比嘉島のアマミチュー、シルミチューと並んでパワーのすごいスポットです。

沖縄旅行の際はぜひ予定に入れてみてください♪♪

さて、2017年も9月に突入、今年も残り3ヶ月半になりました。

9月も半ばになると、昼と夜の寒暖差が激しくなり始めます。

気温差が激しくなると罹りやすくなるのが

そぉ、“風邪”

鼻水、せき、喉の痛み、頭痛、発熱

症状は人それぞれ。

沖縄の冬はだいたい18度前後
でも、島なので風が強く体感温度は結構低く、意外と寒いのが本当のところ

とは言っても福岡ほど気温が下がるわけでもなく
冬に福岡に帰ると、寒暖の差に驚くとともに、あの刺すような冬の寒気にちょっとだけワクワクします(笑)

そんな気温差でも風邪をひくことはなくなりました。

コツは体温を上げることです♪
平熱37度もあれば風邪ひくことはほとんどなくなります。

でも、引いてしまうものは仕方がない。

引いてしまった時にやってしまうのが

・風邪薬をのむ

これは辛くてどうしようもない時に症状を抑える目的としては良いですが
治したい時はNGです。。。

風邪薬に含まれる成分は
解熱鎮痛剤
鼻炎薬
鎮咳去痰薬
カフェイン
等々。

風邪薬は、症状を抑える成分で構成されているだけなのです。
一時的に症状が治るのは、治ったからではなく誤魔化しているだけ。。。

風邪薬の副作用として
体を冷やすものがあります。

体はウイルスを倒す為に体温をあげているので、解熱鎮痛剤で熱を下げてしまうと
体の免疫機能はウイルスを倒せなくなってしまいます。

更に、薬は肝臓で無毒化して代謝される為、肝臓に負担をかけ
その結果、免疫力は低下→風邪を治せない体になる

長い目で見ると、風邪を長引かせてしまう可能性があります。

風邪を引いたら
睡眠を十分に摂る事
アミノ酸を補給する事(食べたくない時は無理に食べない)
体を温める事(冷たい飲み物等は避ける、お風呂はOKだけど湯冷め注意)
出来れば10分から20分程の日光浴をする事

これだけでもかなり変わります。

昔、おばあちゃんに言われたことのある

「風邪引いとるなら、食べんな寝とかんね!』

は理にかなった方法だったんですね。

最後までお付き合いいただき

にふぇーでーびる!






同じカテゴリー(コラム)の記事画像
沖縄
同じカテゴリー(コラム)の記事
 沖縄 (2017-08-31 19:47)

Posted by 八女ん人時々うちな〜んちゅカウンセラー 祐平 at 15:40│Comments(0)コラム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。